人事コンサルタント 大橋高広 公式ホームページ

管理職研修 育成

マネジメント研修とは?管理職に必要なマネジメントスキルについて解説

2022年7月31日

企業が良好な経営の継続およびさらなる成長を目指していくためには、「人材育成」が欠かせません。

特に、経営の軸となる存在である「マネージャー」の育成は、若手社員の成長にも大きな影響を与えるため、重要なテーマとなります。

しかし、マネジメント研修は、適切におこなわないと意味がなく、研修の目的や役割を正しく理解・把握したうえで実施する必要があります。

有効的なマネジメント研修をおこなううえでのポイントなどについて解説します。

マネジメント研修とは

人事コンサルタント 大橋高広 公式ホームページ

マネジメント研修とは、部長、課長などの役職に就いている社員や、係長、班長、主任など、今後、重要な役職に就いていくことが予想される社員を対象におこなう研修です。

マネジメント研修は、「マネージャー研修」や、「管理職研修」と呼ばれることもあります。

マネジメント研修が重要な理由

現在、企業におけるマネージャー(管理職)は、「プレーヤー」と「マネージャー」を兼ねる「プレイングマネージャー」が多く、「人手不足」や「業務効率化」など、企業がかかえ課題を背景に、やむを得ず「プレイングマネージャー」として従事している場合も多いです。

プレイングマネージャーが抱える課題として、「プレーヤー」としての能力を高くもつ社員が、「マネジメント」も兼任している状況や、「マネジメント」能力が高く、部下育成能力に優れた社員が、「プレーヤー」としても活躍しなければならない状況が起きています。

そのため、マネージャー(管理職)に求められるスキルや能力が多く、本来果たすべき役割が適切に果たされないなどのリスクが発生しがちです。

そのような現代のマネージャーが抱える課題・問題を解決するために、「マネージャー研修」を取り入れ、企業におけるマネージャーのあり方を改善していく必要があります。

人事コンサルタント 大橋高広 公式ホームページ
中小企業こそ管理職・マネージャー研修を実施すべき理由

続きを見る

マネジメント研修の目的

マネージャーに求められるスキルには、「チームをまとめる統率力」「業務管理能力」など、さまざまなスキルが求められますが、マネジメント研修では、「マネージャーとしての役割や責任を再認識させること」が重要です。

マネージャーとしての意識改革

マネージャーとしての「意識改革」とは、マネージャーとなる社員に「マネージャーとしての自覚・責任」をもたせることです。

マネージャーとして採用される社員は、個人の業績が優れているなど、当然、「仕事ができる」社員が選出されます。

しかし、個人としては優れた才能を発揮できても、マネージャーとして「チームでの業績をあげる」「チームをまとめ、モチベーションを維持する」などの能力に欠ける社員は少なくありません。

そのため、「マネージャーとしての意識改革」をおこない、チームの業績・生産性をあげるためには、「マネージャーとしてどのようにチームを統率していけばよいのか」を自ら考え、自覚させる必要があります。

マネージャーとしての役割認識

マネージャーとしての「役割認識」とは、マネージャーとなる社員が「マネージャーとして必要なマネジメント力」を理解し、実行させることです。

マネージャーとして活躍する社員には、優秀な社員が多いですが、業務効率化や、業績向上に捉われすぎた結果、「自らが業績に貢献しようとする」「部下や後輩に仕事を振らずに自分でおこなってしまう」など、マネージャーとしての役割を認識せず、マネジメント力に欠けている社員も少なくありません。

そのため、チームがチームとして機能し、部下や後輩を成長させるためにも、「マネージャーとしての役割」を認識させ、チームの目標管理設定や、業務遂行計画を正しくおこなう必要があります。

役割認識とは?管理職に昇進の方必見!必要性を解説!

続きを見る

10人以上の会社組織になったら、本当の意味での人事部をつくることが企業の繁栄に直結します。現場の社員の本音を聞き出す「現場志向コミュニケーション」ができる人事部の設立が、あなたの会社の将来を大きく変えるのです。多くの企業をこの手法によって、業績と組織のモチベーションアップに導いた著者がノウハウのすべてをお教えします。2017年4月7日上梓

生産性を低下させる「職場の問題」は上司と部下、同僚同士のコミュニケーション不全で起きる。本書は、その解決のための相手から「聞き出し」「共有し」「改善する」3ステップの解決法を解説!2021年5月27日上梓

人事コンサルタントの大橋高広が本気で断言します!成長したいバカだけが生き残れる時代。仕事で成果を出したいなら「ブラック企業」に入りなさい!2020年3月27日上梓

マネジメント研修の内容・プログラム

マネージャーに求められるスキルや能力は、職種や役職によっても多岐にわたるため、すべてを研修で身につけようとするには、莫大な時間と費用がかかってしまいます。

マネジメント研修を実施する際は、以下のような内容・プログラムを意識すると良いでしょう。

マネージャーの意識改革・役割認識

マネジメント研修で一番大切なことは、「マネージャーとしての自覚をもち、役割を認識させること」です。

意識改革や役割認識は、日々多忙を極めるマネージャーが、自主的におこなうことは難しく、社内で育成する機会や余裕もないことが多いです。

そのため、マネジメント研修を通して、意識改革をおこなうことが、効率的なマネージャーの育成方法といえます。

管理職研修の目的は意識改革と役割認識!管理職が変わらざる得ない理由

続きを見る

ヒューマンスキル・コミュニケーション力

マネージャーとしてチームを統率していくためには、「コミュニケーション力」が欠かせません。

仕事ができ、優秀な社員ほど「コミュニケーション力」に関して誤解している社員も多く適切なコミュニケーションが取れず、チームとして機能していないことも多いです。

マネージャーとして必要なコミュニケーション力とは、メンバーの進捗を確認するなど、適度な報連相や、チームの士気を高、モチベーションを保つことです。

このようなコミュニケーション力を身につけるためには、マネージャー研修を通して「聞き出す力」や「正しい報連相や情報共有の仕方」などを理解し、実践していく必要があります。

人事コンサルタント 大橋高広 公式ホームページ
管理職に必要なコミュニケーション力とは?管理職研修で正しいヒューマンスキルを身につけましょう

続きを見る

部下・後輩の育成スキル

マネージャー(管理職)として重要な役割のひとつが、「部下・後輩の育成」です。

マネジメント能力と、育成能力は密接に関係しており、チームメンバーそれぞれのスキルや能力を発揮できるように仕事を振り、成長機会を与えつつ、モチベーションを維持していく必要があります。

マネージャーの多くが、「そもそも部下・後輩の育成方法を知らない」「チームとしての成長方法がわからない」という場合も多く、マネージャーに必要な、「部下・後輩の育成スキル」を、研修を通して身につけ、企業の成長につなげていくことが大切です。

社員が育たないのは上司のせい?管理職の育成が重要な理由

続きを見る

人事評価・目標設定

マネージャー(管理職)は、役職にもよりますが、正しい「人事評価・目標設定」の方法を身につけることも大切です。

人事評価や目標設定は、社員のやる気やモチベーションに大きく影響するため、ただしくおこなわないと、かえって、社員のやる気やモチベーションを低下させ、最悪の場合、社員が離れていってしまうというリスクもあります。

それほど、企業にとって人事評価・目標設定は重要な事項であるため、マネージャーに必要な人事評価・目標設定方法を、研修を通して身につけましょう。

人事コンサルタント 大橋高広 公式ホームページ
『人事評価を改善する』技術とは?上司と部下の信頼関係を築くための方法

続きを見る

厳しいマネジメント研修はかえって無駄?

先述したように、マネージャーには、さまざまなスキルや能力が求められます。

特に近年は、働き方改革における労働管理や職場のあり方のほか、ハラスメント防止や、メンタルヘルス対策など、企業およびマネージャー(管理職)が対応しなければならない課題や業務が多岐にわたり、その分必要な知識も豊富にあります。

しかし、このような課題に合わせた知識関連を軸としたマネジメント研修(管理職研修)や、1日座学による「詰め込み式の研修」など、いわゆる厳しい研修、スパルタ式の研修では、意味がありません。

マネジメント研修をおこなう際は、「マネージャーとしての自覚をもたせること」に着目した研修を実施するようにしましょう。

人事コンサルタント 大橋高広 公式ホームページ
中小企業こそ管理職・マネージャー研修を実施すべき理由

続きを見る

まとめ

企業にとって、チームを牽引するマネージャーの育成は、重要な課題のひとつです。

現代の企業では、プレイングマネージャーが多く、本来のマネージャーとしての役割を十分に発揮できていない企業も少なくありません。

さまざまなスキルや能力を求められるマネージャーですが、一番大切なことは、「マネージャーとしての自覚をもたせること」です。

多忙を極めるマネージャーを育成するためには、「マネジメント研修」を有効活用し、「意識改革・役割認識」をおこないましょう。

 

大橋高広式人事ツール無料プレゼント


株式会社NCコンサルティングの人事コンサルティングでは、『現場のスタッフの皆さまと対話する』ことを大切にしています。 なぜなら、現場の実態を踏まえていない施策は成果が出にくいからです。

クラウド人事評価・社内SNS・ひな形を転用した人事制度などを導入しても成果が出なかった企業は、ここに原因があります。

つまり、『現場の実態と合っていない』のです。

大橋高広公式人事ツールは、アカデミックな要素は極力省き、現場で『今すぐ』使える実践型ツールとなっております。

無料人事ツールには、成果を出す社員を生み出す目標管理シートや公平公正な人事評価をつける大橋が現場で使用している人事評価シートなど5つのシートに加え、人事の専門誌「月刊人事マネジメント」をまとめたe-bookも無料で進呈しております。

大橋高広式人事ツールを無料で入手



大橋高広式無料人事ツール
  • この記事を書いた人

大橋 高広

株式会社NCコンサルティング 代表取締役社長|人事コンサルタント・ビジネス作家|東洋経済オンライン記事投稿・日本経済新聞での書籍紹介│新刊『リーダーシップがなくてもできる職場の問題30の解決法』(日本実業出版社)Amazonランキング「マネジメント・人材管理」6位│その他著書『バカはブラック企業に入りなさい』(徳間書店)、『人事部のつくり方』(主婦の友社)│人事制度の設計と運用・管理職研修・職場改善研修・新卒研修・若手社員研修など「人事評価制度の設計と運営」を軸に、「組織文化形成・管理職育成・職場改善」など人事全般に関するサポートを提供

-管理職研修, 育成
-,