人事コラム

AI時代到来!仕事がなくならない人事部のAI活用方法5選

Pocket

AI時代が到来し、人事部の仕事が取って代わられるのではと不安になっている人事担当者も増えています。
しかし、人事部がなくなることはありません。AIにはできない仕事は、まだまだ多いからです。
この記事では、AI時代到来!仕事がなくならない人事部のAI活用方法5選をご紹介していきます。

人事部門でAIができること

企業の中で、AI(人工知能)の導入が一番進んでいる部署は人事でしょう。
まずはAIでどのようなことができるのか、ご紹介していきます。

AIはデータの管理や分析が得意です。

例えば、・労務管理・勤怠管理・人事考課など、今まで人の手でおこなっていた作業を代わりに担ってくれるでしょう。

また、採用に関する選考もすることができます。
応募書類(エントリーシート)の確認をAIでおこなっている企業もすでに出てきました。
近年では、書類選考から最終面接まで、すべてオンラインで完結させる企業もあるようです。

AIでどのような人事の悩み事が解決されるか

AIを導入することで解決できる人事の悩みはいろいろありますが、今回は3つご紹介しましょう。

人事考課の評価基準を統一できる

賞与や定期昇給など、人事考課の評価は社員によって大切なことです。
しかし上司によって評価基準が違うことがあり、それにより不満を抱く社員も多いでしょう。
AIを導入することで、全社員に統一した判断基準で評価ができます。
公正な評価が与えられるので、社員からの不満は少なくなるはずです。

採用にかかる時間を削減できる

人事の業務の中で一番重いのが、採用活動の業務ではないでしょうか。
届いた応募書類を1つひとつ確認し、合否を決めるのはとてもハードです。
採用活動にAIを導入すれば、採用時の書類選考にかかる時間・人を削減できます。
AIは疲れることもありませんので、何人分の応募書類を判別しても評価基準がブレることがありません。
先ほどもお伝えしましたが、書類選考から最終面接までオンラインで完結させている企業も出始めています。

退職希望者を事前に把握できる

AIは情報を整理することが得意なツールです。
過去の退職者データを読み込み、社員の中に同じ兆候を持った人がいないかを判断することができます。
どのようなことが退職を考えるきっかけになるかを分析し、退職予備軍の社員に前もって対応することができるのです。
人材不足が叫ばれる中、退職の意思が固まる前に対処できるのは魅力ですよね。

AI導入のメリット・デメリット

AIを導入することによるメリット・デメリットはどのようなものがあるでしょうか。
AI導入のメリットは、なんといっても「時短ができる」ということでしょう。

今まで時間をかけておこなっていた分析や、データ入力、社員対応を、AIが代わりにおこなえば、その分、人事部員は他の業務にあたれます。
AIが業務をやってくれたとしても、人事部員のやるべき仕事は他にもありますよね。
手の空いた時間を使って、AIにはできない分野の業務を進めることができるのです。

AI導入のデメリットは、「導入直後にはうまく対応できないことがある」ということ。

AIは学習する機械です。最初は知識がない状態なので、うまく対応できないこともあるかもしれません。
使っていくうちに学習するので、最終的には欠かせないツールになることは間違いないでしょう。

この時に注意したいのが「AI導入を目的にしてはいけない」ということ。

AIを導入することが最終目的にすると初期の段階で破綻することになります。
AIに何を求めるかがとても大事です。

AIで人事の仕事はなくなってしまうのか

AIが導入され始めた直後から、「人事の仕事が奪われてしまうのでは」と心配する声が多く上がっています。
しかしAIはまだ導入段階。これからより良くするために、運用・調整していくところなので、まだしばらくは心配いらないです。
そもそもAIが導入されたとしても、人事部はなくなることはありません。

その理由について、次から見ていきましょう。

AIが到来しても人事部(人)が必要である理由

AIは機械でしかありません。
パソコンやoffice製品など各種ソフトと同じツールです。
最終的な判断は人がおこなう必要があります。
今までは人の手でおこなっていたビックデータの分析が、AI任せでできるというだけ。
AIが仕事を担ってくれる分、人材育成や企業の価値を高めることに時間を使う必要があります。

内定者に手厚いケアをしたり、創造的な仕事にあたったりする業務は、AIにはできません。

AI導入でも対応できる人材になるために

AIが導入されても人事はなくならないとお伝えしましたが、それでも心配になる人もいらっしゃるでしょう。
AIに負けないために、何をすれば良いのでしょうか。

AIにはできない対人スキルを上げる

何度もお伝えしていますが、AIはツールです。
社員とのコミュニケーションをとることは、現時点では難しく、人がおこなうしかありません。
コミュニケーションスキルを上げることで、以下のようなメリットがあります。

  • 相談しやすい環境作りができる
  • 自社の求めるものを理解できる
  • 社員からのクレームに対して上手に対応できる

これからの人事担当者には、コミュニケーションスキルを高め、「AI×人」で会社をサポートすることが求められています。

常に最新の情報を追いかけ、対応できる力を身につける

古くから人事で働いている方には、プライドがあります。
新しいことを受け入れるのは「抵抗がある」という方も多いのではないでしょうか。
しかし、これからは新しいモノやサービスがどんどん入ってきます。
今までと同じままでいることは、進化を止めることに繋がるため、会社の存続が危ぶまれるでしょう。

これからの変化にきちんと対応するスキルだけでなく、IT化の波に乗り遅れないよう、ITリテラシーを高めておくことも大切になります。
AI導入後も会社に必要な人材になるためには、新しいことを受け入れる対応力が必要です。

客観的に分析できる分析力を身につける

AIが担う業務は、主にデータをまとめるところまでです。
その後の分析はAIにはできないことも多いので、客観的に分析できる力を身につけておくとよいでしょう。
今後の会社の展開案をAIがはじき出しても、実際にそれをどのように活用していくかを決めるのは人です。

  • 実現可能なのか
  • 企業の理念に合っているのか
  • 勝算はあるのか

など、AIの出した分析をもとに、より深い分析をできるようになっておきましょう。
分析力のある人は、人事以外でも活躍することが可能です。他部署でも活用できるので、スキルアップして損はありません。

AIで変える!人事部での活用事例5選

最後に、AIを人事部で活用する5つの例をご紹介しましょう。

チャットボットで質問回答

人事にかかわる質問や疑問について、AIが自動で返答してくれるものです。
チャットボックスに入力された質問に対し、AIが回答をおこないます。
従来は内線やメールなどで社員が問い合わせを受けていたものを、ボットのチャット画面に質問を入力するだけで自動返信してくれる機能です。
質問を受ける時間、調べる時間、回答する時間を削減できるので、別の業務にあたる時間を確保することができます。

AIを使った採用

AIを採用に活用している企業は増えてきました。
人の目で大量の応募書類(エントリーシート)を見ていると、判断基準がぶれることがあります。
しかしAIは疲れることもなく判断を続けることができるので、より公平な採用ができるところが魅力です。
実際に、書類選考にAIを導入している企業は年々増加しています。

退職予備軍の判別

AIは、退職予備軍の判別にも活用することが可能です。
退職をほのめかしてはいなくても、少しずつストレスが溜まっている社員はいます。
AIを使って過去の退職者データを分析することで、在職中の社員で同じ傾向を見つけることができるのです。
退職予備軍の社員が発生したら、アラートでお知らせ。
人事部だけでなく、当該社員の上司とも共有をすることで、退職を未然に防ぐためのフォローをすることができます。

人事考課の公正な評価

従来は上司によって判断基準が違っていた人事考課の評価も、AIを導入することで公平な評価が可能です。
「あの上司だと賞与が増えない」という社員の不満も避けられるので、結果的に離職率の低下にもつながります。

人材配置の管理

AIは、書類や勤怠などのデータから、社員の適性を判断することができます。
「この社員は、こちらの部署の方が活躍できる」といったアドバイスをすることが可能。
社員一人ひとりの適性を判断し、より良い人材配置を実現します。

まとめ

AIの登場で「人事の仕事がなくなるのでは」という心配いらないとお伝えしました。
AIはパソコンなどと同じ機会であり、ツールであるからです。
それでもAIに変わられない人材になりたいという方は、ご紹介した以下の3つのスキルを身につけることをおすすめします。

  1. AIにはできない対人スキルを上げる
  2. 常に最新の情報を追いかけ、対応できる力を身につける
  3. 客観的に分析できる分析力を身につける

AIを上手く活用し、空いた時間でよりコアな分野を担っていきましょう。

関連記事

  • 人事課題を解決するヒントを知るには
    今、注目される会社に潜む人事課題を解決する最善策とは
Pocket

  • この記事を書いた人
大橋 高広

大橋 高広

株式会社NCコンサルティング 代表取締役社長|人事コンサルタント・社外人事部長&社外CHRO・ビジネス作家|あなたの会社の採用・育成・定着を強くする人事のプロ|人事評価制度と面談が得意|最近はブランディングとマーケティングのご相談も急増中|著書重版|現状維持は衰退|プラス思考の方と互いに高め合っていきたい|新刊執筆中

-人事コラム
-,

© 2020 大橋高広 オフィシャルサイト