人事制度 採用

ティール組織論を活用して会社に根付く人事採用を実践する

企業にとっての悩みは人材の活用方法ではないでしょうか。
人材は財産であり、重要なキーです。

しかしながら、いざ採用したものの、会社に根付いてくれない、組織がうまく回らないといったことはないでしょうか。
そんな悩ましい人事採用のヒントとして、ティール組織について連載しています。
今回はティール組織論を活用して会社に根付く人事採用を実践する方法をご紹介します。

ティール組織の突破口「自主経営」と「全体性」の関係性

ティール組織の突破口である「自主経営(セルフマネジメント)」と「全体性(ホールネス)」は切っても切れない関係です。

職場に行くときと家庭にいるときの顔って皆さん違いますよね。
何故そうしているのでしょうか。
職場に行けば、階級制であり、上司にいい顔をしないといけない、仕事の顔をしないとうまくいかない。
そのような環境に置かれているから何枚もの仮面をかぶってしまっているのです。
ティール組織でいう全体性は、家庭でも職場でも自分をさらけ出す、この精神的な面を全体性(ホールネス)と呼んでいます。

ティール組織は、全体性(ホールネス)を取り戻させる組織論と考えるとより分かりやすいと考えます。

では、どうすれば、全体性(ホールネス)を取り戻すことができるのでしょうか。

それは、自主経営(セルフマネジメント)という土台を築ければ取り戻すことが可能です。
自主経営(セルフマネジメント)は階級を作らず、仲間がそれぞれ、強力な権限を有し決定権を持ち、チームですべての決定を自主的に行うものです。
それをすることで、職場では仕事の評価や権限や政治的な圧力に気にすることなく、全体性(ホールネス)を取り戻すことが可能なのです。

自主経営(セルフマネジメント)の詳細はこちらをご覧ください。

ティール組織が提唱する人事プロセスとは

全体性(ホールネス)を取り戻すために必要な人事プロセスとはどんなものなのでしょうか。
それは、会社の中で恐れず、自分をさらけ出すことができるシステムです。
全体性(ホールネス)に留意した人事プロセスをご紹介します。

採用

採用期間中に、応募者は採用担当者が望ましいと思う人物像に自ら合わせようとします。
これでは、採用段階から全体性(ホールネス)を阻害する要因です。
そのためティール組織では、両者がよりよく相手の本当の姿を見れるような工夫をいれています。

例えば、採用目標もない現場の社員(将来のチームメイト)を採用担当者にします。
将来一緒に働くかもしれないというリスクがあるため、現場の社員は真剣に「一緒に働きたいか」を考え、また職場について正直に語るので、応募者は正直になっていいのではないかと感じることが多いのです。

もちろん経歴やスキルも重視するが、自主経営(セルフマネジメント)の中でうまくやっていけるのか、仲間たちとうまくやれるかどうか等を考えます。
ティール組織は社内の中の役割が流動的なので特定の部署向けに誰かを雇うことがないためです。
そのため、チームメンバーの調和が一番重視されます。

オンポーディング

オンポーディングとは、新規採用者が戦力化するまでの教育研修です。
現在多くの会社では、会社の歴史、ミッション、価値観などについての研修会の実施や、会社のシステムについての説明がほとんどである。

ティール組織でのオンポーディングは、組織体制が既存と違うため、新しい環境を理解し、過ごせるための研修であり、この時に、自主経営(セルフマネジメント)・全体性(ホールネス)・存在目的についてじっくり学ぶ機会が設けられています。

研修

一般的な企業であれば、研修をあらかじめ決められたり、受けたい研修を上司に許可をとる必要があります。
自主経営(セルフマネジメント)組織では、出世のための研修は必要なく、「共通の文化を確立するための研修」と「自己啓発」が用意されているケースが多いのです。

また、オランダのビュートゾルフでは、個人もしくはチームレベルで外部研修への参加経費申請は必要なく、売上高の3%を研修に使用できるという原則がある。
そのため、自由に必要な研修を決め受けることができます。

また、社員が研修講師になる場合があります。
この場合、外部講師を使わないことで経費の節約になり、社内文化を理解した内容を作ることができます。
また教えることにモチベーションを持つことが可能になることが挙げられます。

評価

職場での貢献度に関して、自分はできているのだろうか。
と大抵の社員はフィールドバックを欲しいと思っています。
ところが、その場では言わず、人事評価面談まで保留になってしまう場合多く、一年に一度のその機会はとても気まずい機会になることが多としてあります。
この評価システムは「判定」と「統制」の形式をとっているからです。

この評価体制を、貢献度への感謝と実績を認め、どの部分が、水準に足りていないかを問うものであればいいとティール組織では説明しています。

ティール組織では、フィードバックと評価は、管理職ではなく仲間によって行われます。
ですが、普通に行っても、従来型のフィードバックになってしまう可能性があります。
その改善策として以下の3つのポイントに留意します。

1)思いやりで接する

いきなり始めると、評価が主軸となり、批判的な会話になってしまいます。
一緒になってどのような問題があるのかを探求する場を作るが大事です。
答えを出すよりも相手の立場になって面談をすることがよいとされています。

2)客観的ではなく主観的でもいい

評価する場合は客観的に意見を述べるべきだと従来言われています。
ですが「私は、○○と考える。感じている」という自分自身の主観的な言葉を投げかけることで、相手にも本音を出してもらえる環境を作ることができます。

3)問いの内容を変える(数字で評価することをやめる)

評価に対して「この理由であなたの評価は〇点です」というよりも、「あなたはどこに向かっているのですか」「どのような貢献が今年できましたか」と質問を投げかけましょう。
改善を指摘するのではなく、一緒に考えるというスタンスで、相手の中で理解し納得させることができるのです。
実際にCC&R(勇気と再生センター)やサウンズトゥルーでは、数年前から導入しています。

実績評価の3段階プロセス

ではどのように実績評価を行うのでしょうか。
サウンズトゥルーでは、3段階のプロセスで行います。

1)質問リストに答えながら、自分の業績と今後の抱負を自分で振り返る

2)仲間たちがフィードバックを与える。

3)同僚たちのフィードバックを振り返り、一対一で同僚と話をしながら自分の考えをまとめる。

このように、評価や統制だけではみえない、自主性を与えるフィードバックを実施することで、自主経営(セルフマネジメント)と全体性(ホールネス)を維持することが可能になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ティール組織を活用することで、会社を理解しよりモチベーションの高い人材を採用することができます。
もちろんこの採用方法は、社内の中で自主経営(セルフマネジメント)がきちんと運用されていることが条件にはなります。

ティール組織を導入するのは、難しいといわれてはいますが、会社の経営者や人事部など中核のポジションの方が意欲を持ち適切に運用すれば可能です。
ぜひご検討してみてください。

オススメ関連記事

年商1000万円を目指す会 千の会

千の会 1,000万円は頑張れば超えられるけど、頑張らないとたどり着かない大きな目標です。ほとんどの人はそこにたどり着くことなく、廃業や現状維持に陥っています。

そこで千の会では、1人社長として3年以内に年商1,000万円オーバーを達成させた3人が、年商1,000万円を達成するためのリアルなメソッドをお伝えします。私達は本気です。実際に1人社長として年商1,000万円を達成した講師の成功メソッドを聞き、みんなで成長していきませんか?

千の会 公式サイトへ

  • この記事を書いた人
大橋 高広

大橋 高広

株式会社NCコンサルティング 代表取締役社長|人事コンサルタント・社外人事部長&社外CHRO・ビジネス作家|あなたの会社の採用・育成・定着を強くする人事のプロ|人事評価制度と面談が得意|最近はブランディングとマーケティングのご相談も急増中|著書重版|現状維持は衰退|プラス思考の方と互いに高め合っていきたい|新刊執筆中

-人事制度, 採用

© 2020 大橋高広 オフィシャルサイト